薄毛に関する悩みや問題は魔法の薬で解決しよう

ページトップへ

髪をよく知ることで育毛効果を高める

植毛の費用とメリット

自毛植毛に掛かる費用とは

自毛植毛は、自分の毛髪を利用して植毛を行うもので、切る植毛とも呼ばれます。主に男性型脱毛症においては頭頂部を中心に症状が現れ側頭部や後頭部まで薄毛や脱毛が広がるのは稀です。これは男性型脱毛症が、男性ホルモンによる影響で発生するということが大きく影響しています。 薄毛や脱毛治療では、主に内服薬や外用薬による治療が主に行われますが、効果が現れるまで時間が掛かりますし、効果が出ない場合もあります。そのような場合に行われる最終手段といえるものが自毛植毛です。 自毛植毛は、毛の生えている後頭部から毛根細胞を取り出し脱毛が気になる場所に移植するというものですが、一本一本植毛する手術のため、費用は高額で50万円から150万円ほど掛かります。

植毛の種類、そのメリットとデメリット

自毛植毛が行われる以前には、人工植毛が行われていました。人工植毛で使われる毛は人工的に作られた手を頭皮に埋め込むというものでしたが、人工物を生きている頭皮に埋め込むため、拒絶反応が出る可能性もありリスクの高い植毛法で、1980年代以降はほとんど行われていません。 その代わりに登場したものが自毛植毛になります。自毛植毛のメリットは人工植毛と異なり、自分自身の細胞を移植するというものであり、拒絶反応が出るリスクが低いメリットがあります。また生きている細胞の移植ですので、植毛された毛は成長するメリットがあります。 ただし費用が投薬による治療と比べて高額であり、また移植用の毛が生えていることが自毛植毛が出来る前提となります。